本文へ移動する

サイトマップ RSS

文字サイズ

背景

新型コロナウイルス感染症への対策について(2月16日現在)

北海道の「警戒ステージ3」における感染拡大防止について

~集中対策期間~

北海道では、春の就職・転勤等の人の移動による感染の再拡大に備えるため、また安心してワクチン接種を受けられる環境づくりのために、さらに道内の感染を徹底して抑制することを目標に集中対策期間を延長することとしました。

町民の皆さまにおかれましては、以下のことに気をつけて行動して頂きますようにお願いします。

【地域を限定した要請(~2月28日まで)】

目標:新規感染者数が10万人あたり15人/週を下回る水準をめざす

■感染リスクを回避できない 場合

札幌市及び小樽市との不要不急の往来自粛

【全道域への要請(国内で緊急事態宣言が発令されている間)】

■緊急事態宣言の対象地域との不要不急の往来自粛

■感染リスクを回避できない 場合

・行動制限が要請されている都府県との不要不急の往来自粛

■感染リスクを回避する行動の徹底

・同居していない方との飲食はできる限り控える

・重症化リスクの高い方と接する方および重症化リスクの高い方においては、マスクの着用 、手洗いなど感染リスクを回避する行動を更に徹底する

・発熱や咳があるなど体調が悪い場合に外出を控える

・「新北海道スタイル」の実践を宣言していない店舗や施設の利用を控える

・国の接触確認アプリ( COCOA )や道のコロナ通知 システム を徹底して活用 する

 また、誰もが感染する可能性があることから、差別や偏見を持つことなく、一人ひとりが冷静に思いやりをもった行動をとっていただくようお願いします。

※感染リスクを回避できない場合の例
○ 新北海道スタイルを実践していない施設等の利用
○ 密閉された屋内において、人との距離が十分に保たれない長時間の会合
○ 飲食の場面においては、大人数(たとえば5人以上の集まり)、マスクをしない大声での会話、2時間を超えるような長時間の飲食 など
※体調が悪い場合の例
○ 発熱や倦怠感、 咳、のど痛み、味覚・嗅覚の異常、筋肉・関節の痛み、吐き気がある場合

感染リスクを回避できない場合についてQ&APDFファイル(278KB)

マスクの正しいつけ方、手洗いのタイミングPDFファイル(253KB)

 

妹背牛町では「新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置し対策に取り組んでおります。

現在の妹背牛町としての対策 

※状況に合わせて随時変更の可能性があります。

・妹背牛温泉ペペル【通常営業】

・小学校・中学校【通常登校】

・認定こども園妹背牛保育所・学童保育【通常通り開園】

・わかち愛もせうしひろば【総合事業(月・金の通所)・ふまねっと・まちかどカフェ・ほっと茶屋は通常通り実施、夕暮れサロンは休止、食堂は”お楽しみ弁当”を販売(毎週月曜日)

・子育て支援センター【遊びの教室実施】

・保健センター【通常通り開所、ヨガは休止

・総合体育館、トレーニングセンター【通常通り利用可】

・カーリングホール【オープン中】

・町民会館【通常通り開館】

・人が多く集まる行事や会議等は自粛検討(延期、中止、書面会議等への振替)

►参考:3つの密を避けるための手引き(1395KB)PDFファイル

感染リスクを下げるために

新型コロナウイルス感染症は、無症状や軽症の人であっても、他の人に感染を広げる例があります。新型コロナウイルス感染症対策には、自らを感染から守るだけでなく、自らが周囲に感染を拡大させないことも不可欠です。

新型コロナウイルスの特徴を知り、「マスクの着用」「手洗いの徹底」「三密(密集、密接、密閉)を避ける」といった、3つの基本を実践することで感染リスクを減らしましょう。

新型コロナウイルス感染症とはPDFファイル(193KB)

感染を防ぐにはPDFファイル(2180KB)

新北海道スタイルこのリンクは別ウィンドウで開きます(外部リンク)

新型コロナウイルスに関する情報

新型コロナウイルスに関する情報は、こちらのページにまとめております。

新型コロナウイルスに関する情報このリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ先

妹背牛町役場 健康福祉課健康グループ
電話 0164-32-2411 FAX 0164-32-2290

お知らせ

妹背牛町役場

〒079-0592 
北海道雨竜郡妹背牛町字妹背牛5200番地

TEL0164-32-2411

FAX0164-32-2290

北海道地図 妹背牛町
ページの先頭へ

Copytight(c) Moseushi Town All Rights Reserved.